古代、食物の確保を目的として発生した釣りであった。

しかしそれが、「釣りそのものが面白い」と評判になり、「娯楽」として認識されるようになっていく――――――。


江戸時代、武士や豪商の道楽として発達し、「遊び」を越えた芸術的な釣り竿や道具が進化。

結果、日本独自のゲームフィッシング(釣ることそのものに楽しさを見出し、食べることを目的としない釣り)として例のない発展を遂げるのである。


普通、「釣り」というと、のんびりと釣り糸を垂れて待ち、いざ、魚がハリに掛かったら竿を上げて…という動作を想像されるだろう。

しかし、へら鮒釣りはまったく異なる。

ウキというシグナルを介して、創意工夫をこらした仕掛けと攻め方で練りエサを吸い込ませ、その一瞬に出たアタリに鋭いアワセを入れなければ、ハリ掛かりしないのである。

いわば、人間側から積極的にアクションを起こしていかなければ1匹も釣れない、極めてアクティブな釣りなのである。





竿、イト、ウキ、ハリ、そしてエサ…。

これ以上なくシンプルでありながらも、極めようとすれば底なしの奥深さに魅了される釣り――――――。

それこそがへら鮒釣りである。

「釣りは鮒に始まり、鮒に終わる」と言われる。

その「終わり」の方が、何を隠そうへら鮒釣りである。


身近な鮒釣りに関わらず、さまざまな釣りを体験してきた太公望が、最終的に行き着き、夢中になってしまうほどの魅力が、このへら鮒釣りには確実にある。

ウキに現れる微細な動きを読み取ったり、エサに創意工夫をこらすなど、ベテランをどんどん引き込んでいく難しさもありながら、釣り堀や池に放流された魚を釣る管理釣り場など、初めての方がふらっと釣行しても「最初の一枚」を簡単に釣ることができる気軽さも魅力だ。

また、これらの管理釣り場では、「ポイントの差」が生まれにくく、反面、テクニック等の「腕の差」が出やすいため、大規模な競技の釣りも非常に盛んな一面も併せ持つ。

しかしその反面、大自然に一枚を求めるような浪漫溢れる野釣りや、それこそ一生をかけて一枚の大型を探し求めるような世界も存在する。

へら鮒という魚が日本の淡水域の自然環境に合った生き物であることに加え、偶然性が薄く、仕掛けやエサ等、非常にシステマチックな釣りなので、日本人の気質にも合った釣りである。


老若男女、子供からお年寄りまで気軽に楽しめて、かつ道を極めたいと思えばとことん「先」が用意されている釣り…。

休日にのんびり派から、大会等に出場して楽しむ競技派、果ては日本中を大型を探し求めて走り回るような浪漫派まで…

実にさまざまなニーズに応えられる希有な釣りが、このへら鮒釣りなのである。






へら鮒を寄せるためのアクティブなエサ打ちに始まり、状況に合わせた仕掛けのセッティングや変更、アタリを導くためのエサ作りや、その修正…と、頭の中と指先は、常にフル回転。一日があっという間に過ぎ去ってしまうほど、のめり込むと止められない魅力がある。

日本古来のゲームフィッシングが、ここまで多くの釣り人に愛され続ける秘密は、ここに凝縮されるのかもしれない。


前述したが、へら鮒釣りのゲームフィッシングのルーツは、江戸時代にさかのぼる。

武士が「武士道」を極める鍛錬のひとつとして釣りが発展し、江戸各地に釣り堀が登場。政治の安定とともに生活が豊かになった庶民の間にも広まり、「娯楽」として発展していったのである。

また、多くの女性達もこの釣りに魅了され、大いに楽しんでいたようである。



釣り道具も、江戸時代に急速に発展。透明な糸(テグス)が中国から伝来したり、竿も竹を素材とした本格的な和竿が登場。現在に至るまで、実用性のある美術工芸品としても愛好家達に親しまれている。

その他、ウキやハリなども、より釣れる形へと進化していったのだ。

現代の釣り道具の進歩もめざましく、竿はジェット機や車にも利用されるようになっている炭素系素材「カーボン」が主流となっている。

釣り糸はさまざまな素材の研究開発が進み、より細く強くなり、ハリも同様、特殊加工された金属を使用して、ハリ先が鋭く、軽くて強い製品が続々と登場している。

ウキに関しても、クジャクの羽根やカヤといったオーガニックな素材を大切にしながらも、さまざまな製法が研究、実践されている。

また、最も肝心な「エサ」に関しても日進月歩。さつまいもやマッシュポテト、グルテン、麩、人工くわせエサや各種添加剤…と次々と研究開発され、以前とは比べ物にならないほど簡単かつ楽しく釣りが出来るようになっている。




日本には四季があり、その四季折々の楽しみ方があるのがまた、へら鮒釣りの魅力。

現代科学を上手く取り入れながらも、日本の自然に溶け込む竿、イト、ウキ、エサ…と、奇跡的なまでに日本という国にマッチした魚釣りが、このへら鮒釣りなのだ。



大会で仲間と競うもよし。

大自然の中、一枚の絵画のようになって大型を追い求めるのもよし…。



簡単で、奥深く、仲間と競うゲーム性も高く、時には孤高の釣り人にもなれる――――――。



このへら鮒釣りという遊びには、まさに、無限大の魅力が秘められている。

ヘラブナってどんな所で釣れるのかな?
ヘラブナ釣りはこんな世界もあります!
緊張、勝負
マルキユーM-1CUP 
全国へら鮒釣り選手権大会 決勝▼
とにかく楽しく
マルキユ-へらぶなフェアペアマッチ▼
ヘラブナ釣り場のページへ→
ヘラブナ釣り教室のページへ→
インフォメーション
つりぼり トム・ソーヤ
滋賀県東近江市瓜生津町字東大野2-2
TEL:0748-24-3006 FAX:0748-24-3020
copyright(C)2005 Tom Sawyer all right reserved.